華麗なる加齢

生きるを楽しむ

面接…⁉️

今日は朝から婦人科の受診日。

乳がん検診をして、前回の子宮癌検診の結果を聞く。

異常なし よしっ!

いつものお薬もらって、まだ11時半。

外はめっちゃ晴れてるー!

今日は相方もお仕事で帰ってこないし〜

夕食も考えなくていいし〜

何して過ごそうかな〜♪

お洋服でも見ようかなー

お天気の良さと解放感で思わずニヤニヤ

とりあえず、喫茶店に入ってアイスコーヒーを注文。

優雅なティータイムを…

 


と、後ろの席で!

面接らしきことが始まったではないか。

 


お店に入る時、ちらっと見たけど、女の人というか二十代前半の可愛い子。お化粧は少し濃いけど…今どきの感じの女の子。

面接をしている男性は顔は見えないけど、落ち着いた優しそうな声。

「で、何ができて、何がダメとかあるかな?」と男性。

「んー私、ひつこく触られるのが嫌なんです」と淡々と答える女の子。

 


??何、何、何?

私の両耳は完全に後ろの席を向いてる。笑

 


「○○ちゃんの希望の時間帯はねーお客さんが少ない時間帯で、一本か二本くらいかなー」

 


いっぽんかにほん??

何、何、なんの仕事?

おばちゃんの頭は軽くパニクる。

 


「待機時間長くなるし、大丈夫?」

「今は、時給とかの補償も厳しいかな〜」

「まあ、何人かお客さんがついたら安心やけどね」

 


あー風俗かぁ

キャバクラかな?いやいや、もっとやばいところか?

何せその世界は全然知らないから、わからんけどぉ

こんな風に面接するんやー

って妙に納得する私。

 


「ちょっと写真撮っていい?あっ本部に送ったらすぐに削除するからね」

 


えっ?今?こんなとこで?

本部って?

削除するからって言ってるけど、送ってしまったら相手には残るしー

と、心配する私の後ろで、スマホのシャッター音。

女の子はどんな表情で写真を撮られているのだろう。

 


もうちょっと聞いてみよ ということでトーストを追加で注文。

高いけどー 笑

 


「前のお店は何でやめたん?」

男性の声が続く。

「もめたりしてない?」

「いやぁ名前は違ってても、意外と上は一緒ってことがあるねん」

 


いろいろあるんやなー

 


「あーもしもしー お疲れ様です。はいはい。今から体験に行こうと思うんですけどー。あっはいはい。わかりました」電話を切る男性。

「いやーこんなご時世やからねー」

 


何が??

こんなご時世やから、何?

お客さんが少なくなっているのか?

はたまた、女の子が余っているのか?

はてなマークが頭の中いっぱいになる。

まぁ私が心配することではないけどね

 


どうしたの〜?何があったの?

あかんよ。もっと自分のこと大切にしなあかんやろ!

若いんだし、他にもいっぱいお仕事あるよ!

って、席を立って言いたい衝動に駆られる。

アイスコーヒーをゴクリ。

いつもより苦く感じる。

 


でもなぁ

これもその人の人生の一場面。

よくある話なんやろなぁ

他人の私には決して入り込んではいけない場面。

 


「はい。もしもし あっありがとうございます。あーそうですか。またお願いしまーす。」

 


どうやら、断られた様子。

何だかほっとする私。

しかーし!

 


「あーもしもし ××です。今からちょっと体験の子連れて行きたいんですけどー」

と、どうやら男性は次のお店に電話してる様子。

 


「わかりましたー よろしくですー」

 


やっぱり行ってしまうのか〜

なんとも言えない気持ちになって会計のカウンターへ…

思わず女の子を見てしまう。

 


キラキラした指輪をいっぱいつけて電子タバコを持つ彼女は無表情で

座っていた。

 


茶店を出て、窓越しにどんなやつが面接してんねん!

って、男性を見た。

そこには…

ニット帽にトレーナーで、優しい笑顔の若くておしゃれな感じの男の子が座っていた。

 


何もかもが今どきやなぁ

おばちゃんがひとりであたふたしてたんか?笑

挑戦❣️

58歳8か月の私

2021年2月14日

看護師国家試験を受けてきました!

 

いやー緊張したなぁ

リラックスできるとの友人からのアドバイスでお腹にカイロを忍ばせて、会場へ…

 

前日の地震の影響で1時間遅れで試験開始。

コロナ禍で試験官も受験生もみーんなマスク姿。

周りの人がみんな賢く見える。

私の頭の中は真っ白〜笑

名前や受験番号…字が踊る

いやいや、とにかく問題を解いていこ!

少し早めに終わって見直してみると、どの答えも間違っているように思えてくる。

どうにも情けない自分…自分を信じるって難しいなぁって改めて実感する。

 

長ーい1日を終えて

「あかん。全然出来なかった」ってどんよりした気持ちで試験会場から出てきた私をお迎えに来てくれた相方(夫)はあまりに落ち込んでる私を一生懸命励ましてくれる。

しまいには「考えてみ〜お前は世間でゆうたらおばあちゃんやで〜。合格したら俺もびっくりやわ」

なーーんて、変な励ましの言葉(笑)をいただきました。

 

ホカ弁を買って帰り、頬張りながらアプリに自分の答えを入力する。

今どきの自己採点はすごい!

パッと自分の点数やら合格判定とやらが出る。

凄すぎるーー!

で、結果はB判定!これって合格圏内!やん

ホッとしたら、ホカ弁がめっちゃ美味しくなった。

でも…名前書いたかな?マークシートずれてなかったかな?

新たな不安がよぎる。

 

3月26日の合格発表まで結果はわからないけど(長っ!)

とにかく終わったー!

 

 

華麗なる加齢

歳をとる

カッコよく言うと、歳を重ねる!なんて言葉もあるけれど…現実は結構大変

 

50歳を越えてくると、去年できたことができなくなったり、自分が思っている自分のイメージと写真に写る自分の姿のギャップに驚いたり、カッコ悪い自分と出会ったり、ポンコツになっていく頭に愕然となったり、身体のあちこちに不具合が出てきたりと…

まあーいろんなことがあります。

それでも!

まだまだ、いっぱい楽しいことしたーい!

できればキレイでいたーい!

いろんなことにチャレンジしてみたーい!

なーんてことを考えていたりするのです。

 

歳をとるってつまんない

なんにもいいことないよなぁ

って思う気持ちわかりますー

でもでも、まだまだ夢を持ってもいいかも知れない。もしかしたらワクワクするような何があるかも知れない。

 

と、いうことで…「華麗なる加齢」と題して

 

日常にあふれる 面白いこと 楽しいこと なんでやねんって思うこと へーって思うこと…なんかを

気ままに書いていこうと思います。